ドッグフードで安全、安心を考える

犬はペットとしてではなく、大事な家族の一員として育てられています。
今では室内で飼われていることが多いため、飼い主があたえるドッグフードが、愛犬にとってすべての栄養素になります。
そのため犬の健康状態や寿命など飼い主によって決まるといってもいいでしょう。

愛犬家が増えたことでドッグフードも進化して、多種多様なものが増えてきました。
安価なドッグフードから、プレミアムフードや海外ブランドの物などを選択することができます。

ドッグフードもスーパーなどの量販店からペットショップやネットなどでも購入することができます。
幅広い選択肢があるからこそ、自分で判断して納得した商品を購入しなくてはいけません。

そこでドッグフードを選ぶ際に重要視されることの一つに、安全性の高さがあげられます。
愛犬が毎日口にするもので、食事をもとに体は形成されているためとても大事です。
安全性や安心感があるドッグフードとは、実際どのようなものなのでしょうか。

一番は原材料の問題です。
犬にとって一番大事な栄養素は、良質なたんぱく質です。
たんぱく質には動物性と植物性があります。
犬は肉食動物なので、良質な動物性たんぱく質が必要です。

商品の原材料の表記で、最初に書かれているものが何か注目しましょう。
原材料として肉が使用されているものを選びましょう。
安価なものの場合、トウモロコシなどの穀物が表示され、植物性たんぱく質がメインになっています。
たんぱく質なので摂取しても問題は無いですが、消化しにくいため負担がかかりやすいです。
そのためブタやラム、ターキーなど具体的に何の肉が使用されているのか明確になっているものが安全です。

そしてもうひとつ重要なことは添加物の有無です。
日持ちがするように、保存料が使用されているものが多く、中には発がん性が高い添加物も含まれています。
人間が口にしてはいけない成分が含まれていることもあります。
ドッグフードに無添加、保存料などの有無などをしっかり確認してからあたえるようにしましょう。