子犬用に作られたドッグフード

愛犬家にとって一番かわいい時期が子犬の時期です。
子犬の時期は生後1年までを指します。
ただし大型犬の場合は、生後2年までを子犬として扱われています。

その間の成長のスピードはとても速く、成犬の2倍近くの栄養素が必要だといわれています。
そのため子犬用のドッグフードを使用しなければいけません。
なぜならこの時期は、骨や筋肉の成長が最も活発になる時期です。
そのためとても栄養価が高く作られています。

また子犬用と成犬用を比べてみると大きさに大きな違いがあります。
子犬用の方が小さく作られており、かみ砕きやすくなっています

また子犬の時期は顎の発達が十分ではありません。
そのため負担やストレスなく食べられるように形成されています。

また同じ子犬でも大型犬と小型犬では栄養の内容が異なります。
小型犬の場合は、体が小さく体重も身軽なので日常生活の運動量がとても多いのが特徴です。
カロリーも2倍近くあるので、成犬になった時に子犬用を食べ続けると肥満体になってしまうので注意が必要です。
目安としては生後一年での切り替えですが、子犬の割には肥満体の場合は10カ月程度で成犬用に切り替えていきます。
またその逆に、子犬の時期でも体重が軽く成長が遅いと感じる場合は、成犬になっても栄養価が高い子犬用を食べ続ける場合があります。
自分で判断するのはとても難しいことなので、かかりつけの医師と相談してから切り替え時期を相談しましょう。

また大型犬の子犬の時期は小型犬に比べて、生後2年間あります。
小型犬の子犬の時期よりも大型犬の子犬の時期は、運動量が圧倒的に少ないです。
また大型犬の場合は将来大きくなっていくため、子犬の時期から大きくなり過ぎないように考えられ作られています。
急激に成長しないようにカロリーが抑えられています。

このように子犬用のドックフードを与える期間は短いですが、この時期に必要な栄養素が豊富に含まれています。
そのため時期に合わせてしっかりと与えるようにしましょう。
そうすることで体の基礎をしっかり作ることができます。